敏感肌 洗顔石鹸

肌にとって不要な汚れや油分を取り除き、肌が必要としている水分や油分は残す

自分の肌質に合う石鹸を選ぶことが、洗顔の第一歩です。洗浄力が強すぎると、皮膚がピリッとすることがあります。
仮に肌が刺激に弱い人が、洗浄力の強すぎる石鹸を使った場合は、肌を傷めてしまう可能性があります。

 

けれども、肌を傷めないためには、肌の汚れを落とすことも重要になってきます。汚れは毛穴詰まりを引き起こすことがありますが、こすっても汚れが落ちたりしません。肌にダメージを与えずに、毛穴の奥まで汚れを取りたい場合は、どろあわ石鹸がいいでしょう。

 

皮脂汚れが、顔から自然と浮き上がってくるようにするには、泥泡石鹸の泡で覆うことです。
泥泡石鹸の泥は、汚れに吸い付いて、顔から浮かせることができるので、きれいに洗顔できます。
毛穴の奥にある汚れも、皮膚表面にある汚れと同様に、泥泡石鹸の泡で洗うことで取り除くことができます。

 

古くなった角質部分や、毛穴にずっと入ったままの脂栓などの難しい汚れでも、泥泡石鹸の洗顔ケアできれいにできます。お肌にとって不要な汚れや油分を取り除き、肌が必要としている水分や油分は残しておくことができます。

 

洗顔石鹸の影響で肌が荒れやすいという人でも、刺激が少ない泥泡石鹸は肌へのダメージが少なく済みます。
肌に合う石鹸を使った洗顔ケアと、その後の保湿ケアをきちんと行うことで、のコンディションをよりよいものにすることができます。