にきび ケア

日頃の生活内容を見直すことで、にきびケア効果を高めることが可能です

ティーンエイジャーを過ぎればにきびは減ると考えている人もいますが、20代、30代でもにきびができることがあります。
ストレスの多い生活や、不健康な生活、栄養バランスのよくない食事が、にきびの背景要因になっています。

 

思春期だけでなく、大人になってからも顔やその他の部位のあちこちに、にきびは出来ることがあります。
一旦できてしまったにきびを悪化させないために、洗顔時には十分に配慮しなければいけません。

 

お肌にいつまでも汚れが残っていないようにすることが、にきびケアの基本です。
どけだけ気をつけていたとしても、にきびができてしまうことがあります。そうなったら、にきびを刺激しすぎないようにしましょう。

 

にきびのできた場所を刺激しすぎると、にきびが大きくなったり、新しいにきびができたりします。
洗顔石鹸などを使って顔を洗うことはスキンケアの基本ですが、にきびができている場所は洗顔剤が刺激になることがあるので、触れないようにします。

 

にきびの予防には生活習慣の改善が重要で、規則正しい生活、バランスの取れた食生活を心がけることが、自身の健康のため、きれいな肌を維持するためには大切なことです。ストレス対策も、にきびケアには必要です。

 

ストレスを遠ざけたり、自分なりのストレス解消手段を見つけることです。ストレス対策をしながら、生活習慣をよりよいものにしたり、食事内容を再確認することが、にきびの少ない肌になるために大事な役割を担っています。