にきび 肌ケア 生活習慣

にきびなどの肌トラブルで困っている人は多いことでしょう。

顔のにきびはカムフラージュも困難なので、どうにかして早く消したいと思ってしまうものです。
すぐにでもにきびを治療したい時には、ドラッグストアなどで販売されている市販薬を使用するのが一般的な方法です。塗り薬を塗って放置しておくことが基本ですが、にきびの部位や症状によっては回復が遅くなる可能性もあります。

 

にきびには3種類あり、赤にきび、白にきび、黄にきびといいます。薬への効果はにきびの色で変わります。薬は基本的に白と赤のにきびに対しての効果が最も出やすく、黄色になると効きにくくなってしまうという傾向があります。

 

塗り薬でにきびを治療しても、すぐに新しいにきびが出来てしまう人は、体の内側から治す必要があります。健康なお肌になるために、漢方薬を服用するなどして、身体改善に取り組みます。

 

にきびの治療に漢方を使用することによって、体質改善が図られ、にきびが出来にくくなるというメリットがあります。健康に良くない生活を送っていることで、身体のバランスが乱れてにきびがふえているということもあるようです。

 

従って、にきびができにくいお肌になるためには、規則正しく、健康にいい生活をするということが大事です。肌に悪い影響を及ぼす要因として挙げられるのは、喫煙と飲酒そして便秘なので、普段の生活を見直すことでにきび予防の効果が期待できるようになります。