にきび痕

繰り返しのにきび、時には悪化、病院でにきびを治療

繰り返しにきびができて、時には悪化して困っているという時には、病院でにきびを治療してもらうという対策方法もあります。皮膚科で診察を受けるには、にきびは軽症過ぎると考えている人もいますが、にきびはにきび痕にもなりえるものです。

 

にきびには2つの種類があり、思春期にきびと大人にきびです。若い頃に出来るにきびは皮脂の過剰な分泌によって発生しますが、年齢を重ねる毎に改善されていきます。若いころのにきびは、回復もすくに済みます。お肌の回復能力が高いので、にきびを壊したりせず、放置しておけば大抵は元通りになります。

 

成人してからできるにきびは、不健康な食事や、精神的なストレスによる肌の免疫力低下が原因です。回復が遅く、にきび痕ができやすいにきびになります。肌の新陳代謝が低下し、新しい皮膚がつくられにくくなっているため、大人のにきびは厄介です。最近は、レーザーを利用してのにきび治療法も確立されています。

 

ほくろやシミを取る事が出来るレーザー治療は、にきび痕を消すにも効果的な方法です。レーザーをにきび痕に当てる事でかさぶたを作り、かさぶたが取れるとかさぶたの下からキレイな肌が出来るのです。人によっては、にきび痕が何カ所かに渡ることがあります。一気に治療することは難しいので、最初に治療の方針を決めることが大事です。

 

にきび痕の治療は、保険の適用外になることもあります。まずはカウンセリングを受けて、にきび痕の治療方法や、費用についてよく確認してください。