洗顔 にきびケア

正しい洗顔でニキビの予防

にきびの予防に取り組む際には、どうしてニキビができるのかを理解して、その要因を断つことを考えましょう。
にきびが出来る原因を理解していなければ、根本的な解決にはならず、何度もにきびに悩まされることになります。

 

にきびの原因は様々あり、運動不足や食生活の乱れなど、理由は人それぞれ違います。
洗顔方法や、基礎化粧品を使った肌のお手入れの方法に、にきびになる理由があったという人もいるようです。洗顔のやり過ぎや、肌に合わない基礎化粧品を使っていたために、にきびがふえるということもあります。

 

顔の洗い方も、やり方が正しくないと皮膚を痛めてしまうことになり、にきびの原因になる可能性があります。毎日の洗顔で、皮膚にこびりついた汚れやメイク汚れを洗い落とし、お肌の状態をきちんとリセットすることが、スキンケアの鍵です。

 

まず始めに清潔さを大切にしなくてはいけないので、洗顔前にはしっかりと手を洗います。次にぬるま湯で一度素洗いをしてホコリや汚れを落としてから、洗顔ネットなどを利用してキメの細かい泡で、優しく撫でるように洗います。

 

ぬるま湯でしっかり顔をすすぎ、泡汚れがこめかみなどに残らないようにします。洗顔剤が皮膚にこびりついたままになっていると、そこからにきびができることがあります。正しい洗顔のやり方で顔を洗う習慣をつけることが、にきびケアでは必須になります。